上質な睡眠に導くアロマキャンドルを贈り物に

キャンドルやろうそくはよく、神社やお寺、教会などで用いられていますが、炎には空間を浄化し、生命力や波動を高める効果があるのだそう。

 

また、ちょっと暗いレストランでテーブルにキャンドルを置くのは、「炎」という目のやり場があるので、
デートの時などに対面で緊張してしまうのも和らげる効果があるのだとか。

 

また、意外なのですが、燃焼中のキャンドルからはマイナスイオンが放出されています。

 

その数は20000個ほどで、よくマイナスイオンの発生する場所として知られている滝の5000個ほどをはるかに上回っているのです。

 

そんなキャンドルのパワーを倍増させたのが、アロマキャンドルです。

 

ゆらゆらと揺らめくキャンドルの炎とともに、気持がリラックスするような良い香りが漂ってくるアロマキャンドルは、心も身体も癒してくれます。

 

いつも忙しく働いている大切な彼や夫、家族などの男性達に、そんなアロマキャンドルをプレゼントしてみませんか?

 

アロマキャンドルというと、女性の御用達のように思えますが、女性から男性へプレゼントすると意外と喜んでもらえます。

 

バスタイムや寝る前のひと時、香りと灯に心身ともに癒されると、上質な睡眠へと導かれるので、
明日へのエネルギーをチャージすることができるのです。

滝よりも4倍もマイナスイオン効果のあるキャンドル

古来から世界中で、灯りとして用いられているキャンドル。

 

現代では、非常用、仏事用などの実用的な使い方の他にも、癒し効果があるとしてヒーリング用にも用いられています。

 

特に、24時間眠らない日本では、寝る前までパソコンやスマホでネットサーフィンをしている人は多く、眠いのになかなか眠れないという人、寝ようとすると色々昼間の仕事のことや人間関係のことを思い出し、ストレスを感じて眠れないという人は多いものです。

 

そこで女性を中心に人気があるのがアロマ・キャンドルなのです。

 

暗くした室内やバスルームで、ほのかに気持の良い香りがオレンジ色の炎の揺らめきとともに漂ってくるアロマ・キャンドル。

 

気持をリラックスさせてくれる香りは、心身ともに疲れを癒してくれるのですが、キャンドルの灯りの揺らめきにも特別な効果があります。

 

それは「1/fゆらぎ」と呼ばれるもので、心臓の鼓動を同じリズムなのでリラックスできるそうです。

 

また、燃焼中のキャンドルから放出されるマイナスイオンの数は20000個/Cmで、滝を大きく上回るそう。

 

いつも忙しく働いている彼や夫、ご家族など、大切な男性に癒し効果を与えてくれるキャンドルをプレゼントしてあげましょう。