英国の庭園で咲く野生のビオニーの香り

香水を買う特には、香りの好みだけではなく、香りの濃さを考えて製品を選びたいもの。

 

よく香水売り場やインターネットのショップなどで、同じ香りや同じ名前の製品でも、
「オーデコロン」「オードトワレ」「オードパルファン」「パルファン」などと書かれているのを見ますよね。

 

あれが、その香水の濃度で、「オーデコロン」→「オードトワレ」→「オードパルファン」→
「パルファン」の順番に香りの濃度は濃くなり、
値段のほうも高くなる傾向にあります。

 

どれを選ぶかは、自分のライフスタイルやTPOを考えて選ぶほうが良いでしょう。

 

イギリスの老舗香水ブランドとして有名な「ペンハリガン」では、様々な香りの種類と濃度の製品が揃っています。

 

その中でも女性におすすめなのが「PEONEVE(ビオニーヴ)」(オードパルファン)。

 

英国の庭園で咲く野生のビオニー(芍薬)が、太陽の光りを浴びて花開く時に放つ香り、
スパイシーなブルガリアンローズ、ホワイトフローラル、ムスクなど、順番に香りを変化させていきます。

 

最初は青々しいスミレの葉の香り、ミドルでビオニーやブルガリアンローズ、
ラストはムスクやカシミアウッドがほんのりと残るので、大人の女性にぴったりの香水です。

変化していく究極にフェミニンな香り

商品やパッケージにフランス語で「オーデコロン」・「オードトワレ」・「オードパルファン」・「パルファン」などと書かれている表示。

 

これってどう違うの?と思っている方も少なくないようですが、これは香りの濃度の違い。

 

統一ルールなどはないようで、各ブランドによって例えば「オードパルファン」と表示されていても、濃度は異なるようです。

 

一般的にはオーデコロン→オードトワレ→オードパルファン→パルファンの順番に香りの濃度は濃くなり、値段も高くなります。

 

例えばオーデコロンやオードトワレは長くは香りは持たないので、
朝と夕方で香りを別の種類に着替えたい人におすすめ。

 

また、香りの変化していく様子を楽しみたいなら
「オードパルファン」や「パルファン」のほうが少なくとも半日以上は持つ
のでおすすめです。

 

様々な香りの製品を展開している、英国の老舗香水ブランドの
「ペンハリガン」でおすすめの香りは「PEONEVE(ビオニーヴ)」です。

 

英国の庭園に咲いているビオニー(芍薬)の香りにインスピレーションを受けて作られた香水で、究極にフェミニンな香り。

 

まさに大人の女性にぴったりです。
オードパルファンなので、変化していく香りを長時間楽しめます。

さわやか、華やか、スパイシーを楽しめる香り

身に付けた香りが、トップノートからミドル、ラストへと変化して行く様子を長時間楽しみたい場合と、
朝付けた香りと、夕方アフターファイブで付ける香りを、違う香りに着替えたい場合とでは、選ぶ製品を替えるほうがおすすめです。

 

日本語では「香水」という呼び方しかありませんが、フランス語では「オーデコロン」・「オードトワレ」・
「オードパルファン」・「パルファン」と呼び方が異なり、「オーデコロン」から順番に香りの濃度が濃くなり、値段も高くなります。

 

もし、朝と夕方で香りを変えたいなら、「オーデコロン」「オードトワレ」が。

 

そして長持ちする香りで、時間とともに変化するのを楽しみたいなら「オードパルファン」「パルファン」がおすすめです。

 

イギリスの老舗の香水メーカーの「ペンハリガン」では様々な香りの製品が揃っています。

 

ここで女性におすすめなのが、オードパルファン「PEONEVE(ビオニーヴ)」。

 

トップは青々しいスミレ葉の香りで、ミドルはビオニー(芍薬)、ブルガリアンローズの香り、
ラストはムスクやカシミアウッドが香り、究極のフェミニンと呼ばれているオードパルファンです。

 

朝はさわやかにグリーンを感じさせる香りで、徐々に花が開いていき、
最後はムスクが残るので、大人の女性にぴったりです。