親しい男性だからこそ贈りたいのが香水

親しい間柄ではないのであれば、香りには好みがあるので香水のプレゼントはタブーです。

 

好みに合わない香りだと持て余してしまい、かえって迷惑になってしまうことも。

 

また香水のプレゼントというのは、ヨーロッパでは誕生日やクリスマスなどに恋人同士や、
夫婦などがプレゼントし合うものなので、かなり親密な贈り物…というニュアンスもあります。

 

友人や同僚、上司などに海外土産でブランド物の香水をプレゼントするのは、彼女や奥さんのいる人にあげるのは避けたほうが良いのです。

 

その反面、恋人、夫、親などかなり近しい間柄の男性に贈るには最適なのが香水です。

 

親しい間柄の男性であれば、なんとなくどんな香りが好みか、どんな香りが似合うかはイメージしやすいものです。

 

それでも、商品の選択に迷ってしまったらおすすめなのが、英国王室御用達の「ペンハリガン」ブランドの香水です。

 

ペンハリガンは、英国で誕生し、百数十年の歴史のあるフレグランスやグルーミング製品のブランドで、
高品質で上質な香りは、長年英国のみならず世界中の紳士達に愛用されています。

 

洗練されたボトルのデザインも、贈り主のセンスの良さを感じさせるので、親しい男性に心を込めてプレゼントするには最適です。

女性に貰うとうれしいプレゼントが香水

女性から、男性に香水をプレゼントする…というのは、女性が思っているよりも、貰った男性はとても喜ぶものです。

 

基本的に女性は、「香り」の製品は、好意を持っていない相手にはプレゼントはしないもの。

 

ヨーロッパでは、香水はとても親密なプレゼントとされているので、誕生日やクリスマス、
バレンタインデーなどに恋人同士や夫婦が結婚記念日にプレゼントし合う習慣があるとか。

 

恋人や家族だからこそ、相手の好みそうな香りは想像がつくものですし、
親しい女性が「あなたに似合う香り」として選んでくれるのは、男性にとってはうれしいものなのです、

 

若い男性、熟年の男性どちらにも必ずぴったりと合う香水が見つかるのが、
110余年も前にイギリス・ロンドンで誕生したフレグランスやブルーミングのブランド「ペンハリガン」です。

 

英国王室御用達でもある代表的な香水「プレナムブーケ」他、優しいフローラル系、沢谷かな森林浴系の香りなどの香りが揃っています。

 

香水と同じ香りのタルカムパウダー、石鹸、シェービングクリームなどをお揃いの香りをトータルでコーディネートすることもできます。

 

好きな女性が選んだ香りが、ふとした拍子に香ってくると、とても心がなごむのだそう。

 

贈り物にぜひ、「香り」をプレゼントしてみましょう。

こだわりのオシャレな香水をプレゼントしたい

自分の身につけるファッションや、服飾小物には色々とこだわりを持っているようだけど、
いまいち、香りやグルーミング製品には興味を持っていない男性は意外と多いものです。

 

ファッションだけではなく、香りにもこだわりを持ってオシャレをして欲しい…そんな恋人や夫、家族などの親しい男性がいたら、
誕生日やバレンタインデー、クリスマスなどに香水をプレゼントしてみませんか。

 

香水は、あまり親しくない男性に贈るものではありません。

 

香りには人それぞれ好みがあるので、親しい間柄で好みを知っている女性だからこそプレゼントできるものです。

 

どんな香水がいいかな…と迷ったらおすすめなのが、百数十年の歴史を持つ、英国のロンドン生まれのブランド「ペンハリガン」がおすすめ。

 

ロンドンの理髪店から生まれたフレグランスやグルーミング製品は、当時ロンドンのジェントルマン達の間で
瞬く間に評判が広がり、マールボロ公爵のために調合した「ブレナムブーケ」は、このブランドを代表する香水となりました。

 

時を超えていまだに愛用されているブレナムブーケ以外にも、ペンハリガンには様々な製品が揃っているので
きっとあなたが親しい男性に贈りたい香りが見つかるでしょう。